スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
やっと…
2009 / 01 / 25 ( Sun )
20090125184929


パンパンっ!!

本日、
無事に神様入りましてん!!

お米に、お水、お塩に、お酒。
さらに蝋燭に火を灯しまして
大安吉日の中でも
まずまず良い日を選び
本日、神入れの儀式完了。

見てるだけで
何やら心癒やされますm(_ _)m

ただ 悔やまれるのが



榊と締め縄忘れちゃった…


神様明日には必ずや…
あ~必ずや!




二礼二拍。
スポンサーサイト
18 : 49 : 34 | 武具~武士道の部 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
時代の鍔
2009 / 01 / 25 ( Sun )
20090125133932


以前は(江戸時代の所有者)
どんな人が持ってたんだろう…

数百年って
長ぁ~い時を超えて
色んな想像がふくらみます。


まさにロマンですね。


時代を受け継げるものとして
非常に感嘆深いです。


俺が死んだら
次は誰がこの鍔を持つのかな…

これまたロマンチックだわ




終わる
13 : 39 : 36 | 武具~武士道の部 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷津一族
2008 / 08 / 22 ( Fri )
20080822052607

やっと谷津家のルーツがわかる一級史料が家から出てきました。
さかのぼると平安末期まで記載されています。
解読に時間かかりそうですが内容は近日中UP。。。
05 : 26 : 11 | 武具~武士道の部 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
鎧博物館
2007 / 06 / 28 ( Thu )


肺皆様 こんばんみぃ

ご好評の「深夜の部」 鎧部門担当の ヨロイ オブ ジョイトイでぇ~す




今回はですね前回が全開だけにインパッキーだったので
少し渋せんでいきますよぉぉぉぉ



はい
さっそく今回ご紹介する鎧は…………………
ざざん~~~足軽の具足です

いわゆる一番下っぱで一番先頭で戦う方達の具足は
どんなだったのかなぁ~~~???




はいどうぞ!!





樋側二枚足軽胴(個人蔵)
t-9.jpg



シンプルでしょ
なんか俺個人的には好きなんですよねぇ。。。


皆さんはどうですかね???



それでは
また次回!!
05 : 29 : 53 | 武具~武士道の部 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
禁じ手
2007 / 06 / 19 ( Tue )

鎧ファンの皆様…………………………こんばんは。
このコーナーを担当している ヨロイ オブ ジョイトイです。



さて……
あぁ~~~ついに出しちゃいますよ、出しちゃいます!!!
このネタは最終回までとっておきたっかたんですが
我慢出来ずに、出しちゃいます




このコーナーでの禁じ手中の「禁じ手」
題して 「King of 禁じ手」だなこれは。。。



これやったら次からが大変困ります


でも
やっちゃいます!!


次は次で考えます


前置きは、もうやめて…………とりあえず見て下さい
こんな鎧が存在したなんて皆さん目を疑うでしょう!!
鎧ファンの私ですら初めて目にしたときは度肝を抜かれました

前置き長いと読んでくれない方もいらっしゃるみたいなんで
この辺にしときます(笑)
(俺的にはスルーせずに読んでくれ!!!!)って感じですけどね(あはは)




携帯で見てるみんなへ
もったいぶるから
たぁ~~くさん「下ボタン」押せ


PCで見てる人はマウス、クリクリ×2してね♪

では…………………………










































hyogo-1.jpg




おしゃるさんだぁ~~~~~~~~(笑)
コレつけてたサムライに会いたいぃぃぃぃぃ!!!






追伸

この鎧を所用していた方の名前記載されていたんですが………
「谷津主水所用」
ですって…………………
ボクと関係があるのか目下調査中です



ではまた次回!!

03 : 16 : 39 | 武具~武士道の部 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
鎧博物館
2007 / 06 / 13 ( Wed )


当サイトをご覧の
鎧、甲冑ファンの皆様……………………こんにちは





第2回の巻きです






えっとですね

今日ご紹介するのは、多分皆さんの想像にないくらい
レアな鎧ですよ♪
知ってる人は「おぉ~~あるある」
なんすけど


多分、皆さんは初めて見るタイプだと思います♪
だから
紹介のしがいもあるってもんです



では
前置きはコレくらいにしていきますよ
今回の鎧はこれだぁ!!!!!!!!!!!







じゃじゃ~~~ん!!


「仁王胴具足」

niou.jpg






どうです???
おっぱいです!!
あばらです!!


えぐいでしょ???
こわいでしょ???
きもいでしょ???


実はこんな鎧も当時はあったんですよ。



こういったタイプの胴を「仏胴」というんです
「仏胴」はもっと肌色で肋骨が浮き出ててもっと人間臭くてグロイんですよ。




「仁王胴」は筋骨たくましく色も赤が強い肌色
簡単にいえば「仏胴」よりマッチョなのが「仁王胴」ってことですな。

こうやって
相手の戦意をそいだりビビらせたりしたんですね





まだまだ
本当に鎧に対する概念が壊れるくらい
沢山の鎧があるので
半永久的にこの企画は続きますね(笑)






それでは



第3回も
お楽しみにぃ~~~~!!!
03 : 43 : 48 | 武具~武士道の部 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
鎧博物館
2007 / 05 / 10 ( Thu )
20070510234801


紺糸威鉄錆地塗鋲綴二枚胴具足
(こんいとおどし、てつさびじぬり、びょうつづり、にまいどうぐそく)


いやぁ、実にかっこいいですなぁ………
鎧の形体や仕様は色々あります、字を読んだだけではどんなもんかなんて
とうていわかりませんよね。



しかし
決まり事の様に一度理解してしまえば字を読んだだけで
大概 どんなよろいか想像も出来てきます。





はい 講義…1



今回ので簡単に説明いたしますと

まず揺絲(ゆるぎのいと)…(胴と草摺(くさずり)を繋ぐ威糸のこと)
が何色の糸か……で「◯糸威」(◯糸おどし)
となります

この画像の鎧の揺絲は紺色の糸なんで「紺糸威」。

次に「胴」の仕様について書いてます
この鎧だと
錆びた鉄の色の塗りなんで、まず「鉄錆地塗り」

そして
鋲がうってあるんで「鋲綴り」


胴の作りは大概
表と裏(前面と背面)の二枚の胴が一対からなるので
「二枚胴」

そして
脛当てがついてるのは最後に具足がつきます

足軽用の簡単な鎧でさえ脛当てはあるので「具足」
は大概 最後に付いてます



ですんで
この鎧の型名は全部たすと

「紺糸威鉄錆地塗鋲綴二枚胴具足」

いやぁ
日本の生んだ文化って粋でカッコいいですね





次回もお楽しみに!!
23 : 48 : 02 | 武具~武士道の部 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。