スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
再開!!………ちょん太物語
2008 / 09 / 07 ( Sun )

いやぁ~
ファンの皆様 随分とお待たせ致しました
書きます書きます…ちょん太物語

ハッキリ申します………………
最近、ちょん太くんが幼犬だった頃の思い出せないんです(汗)
自分の予定では5話づつの展開で
幼少期編→成年期編→晩年期編と全15話なんですけどねぇ
意外な所にまでファンがいる→ちょん太物語
今更
やめる訳にはゆきますまいて………


こんなね
前置きはスラスラ書けるンですけど


では参りましょうか




…………………………………………………………………………………………

ちょん太物語……第5話 「幼少期編…最終回」





アキロウ少年の
異常なまでの一人盛り上がりもある程度落ち着いて
ちょん太が谷津家にいるという事も当たり前になった頃の話しである


当時は室内で犬を飼うなんて言う事は非常に、ごく稀な時代
飼っている人がいたとしても、ワタシの知る限りでは極めてセレブな家で
スピッツ犬やマルチーズとか
独身でクリーニング店を一人営む元ヤン上がりの茶髪なハイカラなオバはんくらいだった


今でこそ
ミニチュアダックスやらチワワが当たり前の様に一人暮らしの家で
女性のかたが多数飼っておられますけどね……


昔はそんな事がまったくなかったんで
もちろんちょん太くんも庭に犬小屋を設置され外で飼われていました


しかし
ムツゴロウ師匠みならいプチゴロウだった当時
よく庭が野犬やら野良猫に荒らされた経験をもっていたアキロウ少年は
可愛くてカワイクてしょうがないちょん太くんをオンモに一人にして
寝る事が出来なかった
あぁ~
例えば一番は盗まれたらどうしようとかね…

でも
家には入れてはダメと固く上様より御達しがあったので
犬小屋の入り口にカギを付けて寝たのである。。。

更に
ウチは共働きであったし兄弟みな学校だったので日中も
可愛いちょん太くんはお庭に一人でお留守番だったのである

てことは
もちろん日中もちょん太くんを小屋に入れ盗まれない様に‥「施錠」である
(ははっ汗)


ちょん太くんは幼少時代は日中と夜は軟禁状態にあったのである
今考えると非常に無惨な生活ですね……


でも
当時、ウチら家族はあまりにもちょん太くんがカワイクて盗まれたら
困るので「カギ」をかけたのであったので、そのことは読者の皆様には
深く理解して頂ける様に願っております


ですから
寝る前の散歩と家を空ける前の散歩は
ちょん太くんにとって貯水層を→0、にするという非常に大事な日課となった訳です



でも
まぁご近所さんから見れば
「あっ、あの子犬またあんな小さな小屋に昼間っから鍵かけられて閉じ込められている」
だったでしょうね………

ウチらからすれば
「あっ!! 今日もちゃんと盗まれず小屋ん中にいた……ルンルン♪」
である


そんな
ちょん太くんは、かような一連の流れがあってか別に躾をした訳でもないのに
どんなに漏れそうになっていても絶対に小屋の中や庭でおしっこ、あるいはウンチを
しなかったのである



そのぶん
夜が明けた朝、もしくは学校から帰って来たときの
アピールはもの凄かったのである


おかえりぃ~ご主人様ぁ~散歩に連れってってぇ~~~♪
的な甘えた声ではなく
グオォ~~~ギャオ~~~ギャインギャン!!!
ガリガリ、ガリガリ、ギャンパインである

小便させろ!!!  クソさせろ!!   系でした。。。


御陰様で
ちょん犬小屋の柵はちょん太様のもがき苦しみ抜いた歯型の後が
ミッシリついてございました


どれだけ
ちょん太様が忍耐強かったかというと
これから1、2年後にちょん太様は散歩をサボりがちになったアキロウ少年
のせいで、タンクを毎度、カラにする事ができなくなり
膀胱炎になる事によって証明されます


あぁ~~~
あんときゃごめんよ、、、、、ちょん太ぁ~~~(泣)



ちょん太には謝る事しか出てこないなぁ~~~
ガックシ…………



そうこうして
2歳くらいの立派な成犬になり番犬としての風格も出て来た頃
ちょん太くんは初めて家族が寝静まった夜も誰もいない昼間も
小屋に入れられ施錠をされる事から解放され、ついに元服の日を迎えるのであった


幼少期編の最後に
今でも忘れられないエピソードを…


今日から
小屋に入れず庭に繋ぎっぱなしにする事にしたその夜の事

今までは小屋に入れられカギをされる事で
さぁもう寝るんだなと理解してスヤスヤと寝ていたちょん太くんは
いつ寝てイイものか寝るタイミングがわからず
いつも寝かしつけていた時間を3~4時間すぎても、いつまでも、いつまでも
庭につったってこちらを見ていました


ソレを見て困ってしまった俺と母上は
ちょん太が小屋に入るのをいつまでもいつまでもカーテンの隙間から
ちょん太にバレない様に見守っていました




幼少期編………おわり
スポンサーサイト
05 : 34 : 05 | ちょん太物語 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<三枝師匠 | ホーム | 労災適用範囲内の事>>
コメント
----

監禁容疑で逮捕されますね!
僕の個人情報も流失してますね~
今日楽しそうにSさんから電話来ましたが・・・(汗)
by: Kyama * 2008/09/07 12:30 * URL [ 編集] | page top↑
----

この話は最高です!!!
by: つとむ * 2008/09/07 19:59 * URL [ 編集] | page top↑
----

Kyamaさん:
あらっ!!!!
早速、リークしちゃいましたね……(汗)
こっそり、アダ名教えちゃいました………えへへ
しかし世間は、ホントお狭い事です。。。おほほ

つ~ちゃん:
ありざとう!!
つ~ちゃんの捨て身のメシネタにはかないませんて……↓

by: yazukun.com * 2008/09/08 04:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

いやぁそんなことないっす!
でも最近一日一食生活で調子悪いですよ笑
by: つとむ * 2008/09/08 19:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

つ~さん:
そろそろ
嫁さんもろうたら!?
by: yazukun.com * 2008/09/09 03:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

あっ!言ってはいけないことを・・・笑
相手いないんで結婚相談所行きですね笑
by: つとむ * 2008/09/09 22:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

あっ!? だったら一緒行く?
by: yazukun.com * 2008/09/10 00:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

間違いなく行きますよ!(´∀`)
じゃ明日あたり会議開きに行くかもしれないんでお願いします♪

by: つとむ * 2008/09/10 09:46 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akirou.blog36.fc2.com/tb.php/1438-05ca3c42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。