スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ちょん太物語
2008 / 10 / 01 ( Wed )

今宵は約束の更新日

先週、あんな形で引っ張っちゃったもんですから
今日サボったら皆様からどんな脅迫メールが来るか想像出来るんで
非常~~~~~に!!   →疲れてますけど続編書きますよ(笑)


明日も朝から練習に行く予定
んだもんで
早く寝たいので今宵は前置きはこの辺にして早速本題に入りますね♪

それでは
ちょん太物語‥‥‥‥「首輪はそうして締められた」  


…………………………………………………………………………………





首輪抜けをマスターしきったちょん太君


気が向いたら首輪抜け


喧嘩に行く頻度も落ち着いて来て
ただの散歩に一人でお出かけも増えて来た事で
なんかウチらも、近所の方達も慣れてきてしまって
あんまり緊張感がなくなってきていた頃のお話



当時
ちょん太君の一番のライバルがいました


20代後半ぐらいの
スポーツマン系なお兄様が連れていた筋骨隆々とした柴犬
飼い主に似るとはまさにあの事で本当に逞しい柴犬でした



ん~~~
ちょん太よりあきらかに一回りは太かったなぁ……
デブとかじゃなくてね

筋肉でですよ!!


他にいたライバル達は
ちょん太君より一回り小さかったりしたなかで
アイツだけはゴツかったなぁ

同じ柴犬だけど威圧系のオーラが出ていて
俺もなんか怖かったですもんね


して………
このお兄さん、、、、、、極めてクール


散歩で出くわしても→挨拶無し



まぁ~つっても
荒れ狂うお互いの飼い犬の綱を引っ張って事なく無事通過する事に
集中してるからしょうがないんだけど……


まぁ
ちょん太君は、そんなアイツに異様なまでに敵対心を抱いていて
家の前をそのお兄様と柴犬が通るだけで庭で フガフガっ 言って
荒れ狂っておりました。。。



そんなある日
いつもの様に家の前をそのお兄さんとライバルが通りました


いつものように フガフガっ 言って興奮し始めたちょん太様



茶の間から
そんなちょん太を眺めていた私…「また フガフガ 言ってらぁ~」


なんて呑気に見てたら……





チャリーーンっ!! つって首輪とチェーンが勢いよく外れて
地面に叩き付けられるが如く落ちる音が響いた……



次の瞬間
家の前の通りからは犬同士の素晴らしい 祭り太鼓 の音が聞こえてくる




ヤバっ!!



つって
急いで ランボーロボコップC3PO おんもに出る!!


したら
お兄さんとそのライバルに襲いかかっているではありませんか………(汗)



コラぁちょん太ー!! 







ボキー!!
バシー!!
こっち来いバカヤローなんつって、、、、、、、





そうは簡単に
捕まえたくても捕まえられない……





人間界と動物界を
繋ぐ道具がない状態の興奮して暴れまくっている ケダモノ(あの時のちょん太)
を捕まえる事程、難しい事はない のである



そんな時
あのスポーツマン湿布にのっとったお兄様は素敵だった



自分の犬の手綱を ぐいぃ~~~ っと頭上に引き上げ
自分の犬がちょん太を 攻撃出来ない様に 宙吊り にしたのである



したら……



クレイジーちょん太様は
今度はお兄様の膝を足台にしてジャンプしてライバルのケツに
噛み付くではありませんか‥‥




そして‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



その時 歴史は動いた




な…なんと
お兄様の足から 赤い液体 が流れているではありませんか………



そうです。



出血です



ちょん太様の前足の爪が
お兄様の膝の肉をエグってしまっていたのです




さすがに
ソレをみた私は
宇宙まで飛んでけぇ~!!


てな感じで
バカにライダーキックの刑



これでやっと
この惨劇に終始部がうたれた


やっとこ
身柄を拘束され庭に拘留されたちょん太





現場では早速示談交渉である




「放し飼いはやめようね」………とお兄さん
「いや、首輪抜けしたんです」………とアキロウ少年

「じゃ、これからはちゃんと首輪しめようね」……とお兄さん
「はい………………すみませんですた」……とアキロウ少年


「足……消毒しましょう……か?」……………とアキロウ少年
「ニコっ(笑顔で)、こんぐらい大丈夫だよ」……とお兄さん



「はぁ……でも血が……」……………とアキロウ少年
「大丈夫だよ……じゃ!!」…………とお兄さんは犬を連れて駆けていった




まさに
その後ろ姿は、ドヤ街をランニングする矢吹丈の様であった



そぉ~して
問題児の処分が下る時が来るのである



もちろん
谷津家全員一致の絞首刑である


刑は執行猶予なしの実刑であり
すかさず首輪の穴は1つキツく締め込まれ
彼は2度と首輪抜けをする事は出来なくなっただけではなく

近所の子供達からは動物園にいるライオン的扱いをうけるようになるのであった



……………………………………………………………………………


それでは皆様、また来週♪



スポンサーサイト
04 : 17 : 32 | ちょん太物語 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<昨日の練習のレポ~ | ホーム | ちょん太物語の前に…>>
コメント
----

お疲れのところご苦労様でした!
ちょん太も飼い主に似たのかな??
練習がんばってね~
by: Kyama * 2008/10/01 07:50 * URL [ 編集] | page top↑
----

kさんありがと~ヽ(´ー`)ノ今から練習行ってきます!
by: yazukun.com * 2008/10/01 10:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

ちょん太なかなかやりますねぇ~笑
by: つとむ * 2008/10/01 19:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

つ~か
こっちとしては大迷惑(笑)
by: yazukun.com * 2008/10/02 02:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akirou.blog36.fc2.com/tb.php/1491-392f2173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。