スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
深夜の部
2007 / 07 / 03 ( Tue )
今回の「深夜の部」は
第3回の「エアクリーナーの洗い方」を一旦飛ばしまして
第4回の「やさしい武士道の教え」です


第3回は画像が揃い次第アップの予定です♪





それでは第4回「やさしい武士道の教え」はじめたいと思います

なるべくわかりやすく皆様にお伝え致しますね


まず「武士道」を簡単に言うならば
それは「形の無いもの」なんですね




実は、それは日本人の「精神」そのものなのだからです

でも
それだけでは、なんの事かわかりませんよね
ですので軽く説明がてら歴史から入ります




《武士道の紀元》

世は泰平になった江戸時代「武士道」という概念が明確に
生まれ初めてきます


なぜか?


それは戦いの集団は戦わなくてよい集団になってしまったからです
戦いの専門組織の「武士」が戦わなくてよい……………


存在の理由がなくなったのです
しかし世の中は「武家」が政治の頂点です


そこで幕府は戦わなくてよい「武士集団」に公の秩序を求めました
泰平の世の「武士」らしさ…………とは何ぞや???………と


幕府は儒教の教えより
武士たる者は
「仁」「義」「忠」「誠」「礼」の精神だと言いました



そのため
江戸時代の武士には それらが強く求められました

金銭より名誉を重んじ 気高く振る舞うのが武士であるとされました


心差しの高きにある武士は

「礼」あいさつにはじまり
「誠」嘘、偽りの無い心の精神を命をかけて貫き
「仁」弱いもの困っている者には手を差し伸べ
「義」社会的 約束事を命をかけてよくまもり
「忠」自分の属する主へ変わらぬ気持ちを命と引き換えに守ってきました


これらを
自己の精神の中で さらに高い次元で具現化していったのが
「武士」であり「武士道」なのです

その武士集団が非常に高い精神的水準を保って封建社会の中で一つの
「精神世界」を成していったのですね
それがいわゆる「武士道」の生まれなのです


「武士道」とは「自己犠牲の精神」の象徴とも言えるのではないでしょうか 


少しばかり
こむずかしくなっちゃったかもしれませんが


皆さん
お父さん、お母さんに
何かあるごとにそう言われて怒られませんでした?
「弱い者いじめするな」とか「嘘ついちゃなりません」とか
「挨拶ちゃんとしなさい」とか「お世話になった人を忘れちゃダメですよ」とか
「困ってる人がいたら助けなさい」とか「お年寄りを大切にしなさい」とか…………


この他にも たくさん
思い当たるとおもいます


当時から武家の教えは一般大衆にも広く受け入れられているのです
ですから
つーか、すなわち

我々 日本人は脈々と「武士道」の教えを代々親から子へ
知らぬ間に自然と日本全体が受け継がれてきていたのですね



当時の武家の人々は これらの「教え」や「規律」を「武士らしさ」を
形にする為に必死に命をかけて守り抜き そして実行していました


だって「武士にあらず」なんて事すりゃ切腹ですし
そうでなくとも自分から「武士らしく腹を切る」なんて命をはった
精神世界ですからね

武士にとって「名誉」とは「名誉ある死」であって
「武士らしく死ねる事」は最高の「美徳」とされました
ただし「武士道」にそわない「死」は「犬死」とされ最も軽蔑されました




現代では命を懸けているか 懸けていないかだけの「差」であり
その「教え」の本質事体には何ら変わりはなかったのです




ですから「命」をかけて これらの規律を守りながら生きてきた「武家」の人々
を見習い 私たち現代日本人も志しを高く清らかにいきましょう



「近代日本人」が生んだ「素晴らしい精神世界」
「武士道」の精神は日本が誇れる無形の文化財だと私は思います



350px-Mooko-HakataWall.jpg



かしこ
スポンサーサイト
05 : 37 : 16 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<あひひ… | ホーム | 深夜の部>>
コメント
----

なんか、よかったよぉ?
どれ、あたしも誇り高く生きるかね。
by: まな * 2007/07/03 16:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

そうですね!!  日々 精進ですね…♪
てかこの手のネタは誰も書き込みしないと思ってたんですけどね………
やられた!!!
さすが まなさん!!!
by: yazukun.com * 2007/07/04 05:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akirou.blog36.fc2.com/tb.php/790-bf400ff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。