スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
日本史………深夜の部
2007 / 10 / 10 ( Wed )



いやぁ
久々だな深夜の部なんかウキウキです

ウキウキも良いけど
なんかウハウハに早くなりたいですが現実はそうも甘くありません
カツカツが現状ですね(笑)


言葉には「言霊」ってあるらしくですね言った事がそうなるらしいよ
だからワタクシ沢山述べるであります

「ウハウハになるぞ!!…………ウハウハになるぞ!!……ウハウハになるぞ!!」



ぐひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ~~~~~




最近
色々とですね調べ事していてですね


細かい事なんだけど
「小判一両」って今のお金に換えるといくらなんだべ・・・?

とか
大政奉還と徳川慶喜の本来の意図とは…………とかさ……
これはすぐ解決した



んで
最初の疑問はね刀からきてるんだけどね
「当時この刀は300両という値がついていて」とかって文献読むと
じゃぁ今ならいくらだよ・・・?

て疑問がわくでしょ
して、そういう文献だと得意になってんだか不親切なんだか知らんけど
現在の貨幣価値に置き換えると……なんて事が一切記載されねぇ~~~




普通にイラっとむかつくよね…………………





ってもんで調べてやったさ


したらね


まず
今の金のレートでいくと小判 一両の金の含有量から計算すると
大体 約4万円くらい
で300両だから120万円……………………………………
んな、あの刀が安い分けがないし、そんな訳も無い


ってんで突っ込んで調べてみると
物価も何もかも今と違うから当時の一両の貨幣価値を調べにゃならん
って事になりましてね




昔は石高ね「石」………つまりお米の単位で収入が決められてたから
お米を基準に計算しないと当時の物価はわかりません

(いろんなサイトにいって調べる調べる調べまくる)

ほぉ~~って事でやっと分りましたね!!
当時の貨幣価値からいくと
小判一両は大体 現代の約20万円相当に値する事になりました

がってんがってんがってん
(ただ当時のエンゲル係数やら色んな事を加味して計算しないといけないから
絶対という答えは出ないみたいです……「約」が付いちゃいますんで あしからず)



てことで
あの刀に付いてた当時の値段300両は………

300両×20万円で=オ~マイガ~フ~ジョア~ダディ~で6000万円です

あの御刀は
現代では6000万円の御刀ですぅぅぅぅぅ~~~


なんまんだぶつなんまんだぶつなんまんだぶつ…………

026-3-007.jpg






スポンサーサイト
04 : 23 : 26 | 深夜の部 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おはよございます | ホーム | 来週末は…>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akirou.blog36.fc2.com/tb.php/993-645459cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。